成功者の仕事術 | 「朝活」を制する者、ビジネスを制する

朝活 仕事

最近モーニングルーティンをあげる動画がYoutube等でも多いですよね。
朝の使い方が大事だとなんとなく知っている、けど結局よくわからないから二度寝でチーン、
そんな方も多いのではないでしょうか。
朝を有効活用することがいかにいいか、そしてその活用方法を私の経験をもとにお伝えします。

成功者は皆やっている朝のルーティーン

早速ですが、朝の過ごし方の結論から申し上げます。
超シンプルです。
そしてその後、なぜその過ごし方がいいのか、ご説明します。

  • 出勤時間の2時間半前におきる
  • 散歩をする
  • 朝食をとる
  • テレビのニュースは見ない
  • 1時間仕事に集中する
  • 支度をする
  • 出発

以上です。上記をやるといい理由をこれから説明します。

ます人間の集中力の仕組的に朝は最高

メンタリストDaigoさんの「自分を操る超集中力」によると、一日集中力を保たせる方法として、朝・昼・夜を以下の時間にあてるといいといわれています。

  • 朝:インプット・クリエイティブな仕事
  • 昼:アウトプット
  • 夜:復習・暗記

朝は1日の中で集中力がピークです。
特に朝食後30分間をピークとしてその後4時間は集中力が続きます。

逆に集中力は消耗品なので、夜には切れています。これは人間の脳の構造上しょうがないものです。ただ、寝る前に得た知識は長期記憶に残りやすいので、何か新しいことを生み出すのではなく復習にあてると夜はいいといわれています。

逆に集中力の高い朝には、新しいものを生み出すクリエイティブ系な仕事を意識的に行いましょう。
ちなみに筆者もこのブログは朝書いています。朝って自分だけの世界観が強くて、無双モードになれるんですよね。

朝に余裕をなくすと一日の余裕なくしにつながる

人間の心理状態は意外にもろいもので、焦った朝を過ごすと一日の精神衛生状態は悪化します。また、テレビのニュースでなにげない不幸なニュースやマイナスなニュースを見てしまうと、自分の気付かないうちにネガティブな感情をいただき、そのまま1日引きずるそうです。

朝は自律神経を整える日光を浴びながら散歩し、朝食をしっかりとり、準備万端で家を出ましょう。ニュースはビジネスに関連する事実だけを伝えるような「NewsPicks」等での情報入手がお薦めです。知見をもった経営者のコメントを見れるので、そのコメントを自分の考えかのように他人に言うという反則技をよくやっています笑

意思決定を要する仕事も朝に

先ほど新しいものを生み出すクリエイティブ系な仕事を朝に進めましたが、意思決定を要する仕事も朝に行いましょう。理由は2つ。1つ目は集中力が最大であること、2つ目は冷静な判断力もピークであること。

当然日中は予期しない業務や雑用が入り、一日を振り返ると何をしてたんだっけという日も多いと思います。また余計な情報もあらゆる媒体や人から不可抗力的に耳に届きます。

「日中はもう邪魔されるもの!」と割り切り、誰にも邪魔されない朝に意思決定を要する仕事を行いましょう。私も契約や金額が絡み、上司への決裁が必要な稟議書の作成等は朝に行っています。

夜はゆっくりするものと割り切りに朝に全集中しよう!

最後にまとめですが、私は上記情報を踏まえて、19時以降は仕事をしません。集中力が低い状態で何をやっても生産性は低空飛行を続け、結局無駄な時間を過ごすことに気づいたからです。

朝の「俺最強モード」を活用し、あらゆる仕事は朝に済ませる習慣づくりがおすすめです。
皆さんも是非ご参考ください。

タイトルとURLをコピーしました