テレワークで生産性が倍増するおすすめのデスク紹介 | 仕事術

デスク 仕事

今や当たり前となったテレワーク。出勤するときと違って、デスクやモニターの配置が自由な分、自分にとってベストなデスクで仕事をしたいですよね。このデスク選びは大きく仕事の生産性に関わってきます。今回はいろいろなデスクを試して最終的にいきついた奇跡のデスクをご紹介します。

生産性が爆上がり!奇跡の昇降式デスク「FLEXISPOT」

どのデスクも一長一短…テレワークが本格化してから1年デスクジプシーが続いていた私ですが、ついに奇跡のデスクと出会いました。その名も「FLEXISPOT」です。私が考えうる限りのポイントを満たしてくれたデスクです。今回は「FLEXISPOT」のメリットとちょびっとのデメリットをご紹介します。

メリット① ワンタッチで簡単に昇降が可能 | ポモドーロ・テクニックにも!

やはりデスクを選ぶうえで外せない要素は「昇降式であるかどうか」ですよね。10人いれば10人の最適なデスクの高さがあるわけで、そもそも決められた高さのデスクにフィットさせるのは椅子を調整するか、妥協するかしかないんですね。

そしてもう一つ外せない要素が「簡単に」昇降できるかどうか。昇降式デスクもいつくか種類がありますが、ハンドルを手で回すものが多いんですね。そんな二つの要素を兼ね備えたのが、この「FLEXISPOT」、ワンタッチで簡単に高さを変えられます!

テレ・ワク男
テレ・ワク男

あ、座り続けて腰痛いから、立って仕事しよ!ぽちっとな!

これができちゃうんですね!
しかも一度調整した高さは2つまで記憶させられるので、毎回微調整をしなくても大丈夫です!まあ微調整もワンタッチで簡単にできてしまうんですけどね笑

私は25分座り⇒5分立ちという、ポモドーロテクニックを使ったサイクルを心掛けてテレワークに臨んでいます。

メリット② 組み立てが簡単

ぶ・きよ男
ぶ・きよ男

うわ、取り扱い説明書、激むず…頑張って苦労して組み立てたけど、なんかきしむな…

⇑こうなったら最悪ですね…笑
工程が多ければ多いほど、どこかでミスをするリスクが高まり、不具合が起きる…
しかも高いものに限って設計図が複雑でパーツも多い…
「FLEXISPOT」はそんなことは起きません。自分の不器用さを嘆くことはありませんのでご安心ください。動画でも分かりやすく解説があり、口コミも組み立ての簡単さで高評価をつけれている方が多いです。私も自分ひとりで組み立てましたが、15分で完了しました。

メリット③ 天板の厚さが2.5センチ | アームモニターの設置ができる

「FLEXISPOT」は脚のうえに天板を取り付けるというシンプルな構成で、天板の厚さは2.5センチとコンパクトな作りとなっています。したがって、アームモニターをつけられるので、スクリーンを複数使用する方にとっては、うってつけの厚さです!これポイント高いですよね!エンジニアの仕事をしていて一日中、複数のスクリーンをかま爺のように操る方もこのポイントを高く評価していました。

メリット④ アマゾンで簡単に買える!

これも意外にポイント高いですよね!
普段日用品をアマゾンで購入されている方多いと思いますが、この「FLEXISPOT」もAmazonでぽちっと購入が可能です。レビューもたくさんついているので、参考にもできますね。また天板も複数選ぶことができますので、自分の部屋に合わせたサイズを購入することができます。

デメリット① 脚や天板が重い

最後に一つだけ、デメリットを申し上げるのであれば、脚や天板がしっかりしているので、運ぶのが重いです…笑 その分しっかりしているので、今1年使っていますが全く傷んでおりませんが…
運ぶときは最悪段ボールに入った状態のまま床をひきずるか、組み立て業者に頼むと良いと思います。暮らしのマーケット等で組み立て専門の方、すぐ来てくれますからね!

まとめ テレワークに革命を | FLEXISPOTで集中力倍増

以上、デスクジプシーの私が最後にたどり着いた、「FLEXISPOT」をご紹介させていただきました。
同じ態勢が続きがちなテレワーク時は立ったり座ったり、色々な角度で仕事をすることが血の巡り改善にも寄与し、腰痛改善や集中力アップにつながります。
本当にワンタッチで簡単に昇降できるので、是非テレワークのお供にしていただければと思います!

タイトルとURLをコピーしました